就職保証型SE育成「就職カレッジ」~現役SEが千葉で教える受講料実質無料~

現役SEが教える就職保証型SE育成「就職カレッジ」

修了後の職場について

  • HOME>
  • 修了後の職場について

協賛企業で働く先輩へのインタビューInterview


就職カレッジの協賛企業で働く先輩エンジニアから、
これからIT業界へ進む方々へ向けてのメッセージをインタビュー形式でご紹介いたします。


ある一日のスケジュール

9:00
メール確認、作業内容の確認
9:30
基本設計書の作成
12:00
昼食
13:00
メンバーのプログラムソースを解析
15:00
ミーティング(方針の相談、問題事例の確認)
16:30
ミーティング後のまとめ作業
18:00
帰宅
プロとしてお客様のニーズに応えるべく、常に学び続けていきたい
株式会社ニッセルワン M.Iさん(2014年入社) 青山学院大学 国際政治経済学部 国際経済学科卒

インタビュー

SEを目指そうと思ったきっかけは何ですか?
若い間から多くのことを学び、手に職をつけることができるSEになりたいと感じていたためです。また父親がSEだった影響を受け、IT業界には興味を持っていました。
この仕事のやりがいや楽しいと感じる点は何ですか?
まだ勉強不足な点はありますが、身に付けた知識が業務に生かせたときにやりがいを感じます。私は情報系の知識がほとんどなく、未経験からのスタートでしたが、日々の業務を通して多くのことを吸収していると感じています。
この仕事の大変なところや厳しい点はどんなところですか?
常に学ぶ姿勢を持ち続けることだと思います。SEという職種は専門職なので、プロフェッショナルの立場でお客様に応えることが求められます。また、IT業界は技術もニーズも変化していくものなので、常に先進的な姿勢でいることが大切だと思います。

ある一日のスケジュール

9:15
メール確認、作業内容の確認
10:00
資料確認、開発、システム動作検証
12:00
昼食
13:00
システム動作検証
15:00
進捗会議
16:00
テスト資料作成、レビュー
17:30
退社
お客様と関わりながらモノを作ることができることが最大の魅力
株式会社ニッセルワン K.Tさん(2014年入社)

インタビュー

SEを目指そうと思ったきっかけは何ですか?
自分で考えて何かを作りたいと思ったからです。また、SEは作るだけでなく、お客様とも関りながらものを作ることができるという点に魅力を感じました。
この仕事のやりがいや楽しいと感じる点は何ですか?
まだ、システムの一部分など小さなプログラムの作成にしか関ったことがありませんが、自分で考えてソースを書いた後、思い通りにシステムが動いたときは嬉しいです。
この仕事の大変なところや厳しい点はどんなところですか?
ただプログラミングの知識を身につければ良いというわけではない点だと感じています。何も知識がない状態から、自分がこれから改修するプログラムが今どんな動きをしていて、今後どう動くようにするべきなのかを様々な資料から読み取り理解する力が必要になってくると感じました。また、関る案件ごとによく出てくる用語や知識も同時に身に着ける必要があると思いました。

ある一日のスケジュール

8:45
メールチェック
9:00
開発作業(自担当分)
12:00
昼食
13:00
開発作業(自担当分)
15:00
定例会議(課題確認、役割分担)
16:30
開発作業(チーム内ヘルプ)
18:00
進捗確認、翌日の準備、報告書作成
18:15
帰宅
文系出身からSEへ!自分で調べ考えたプログラムが意図した通りに動く喜び
株式会社ニッセルワン I.Nさん(2014年入社)

インタビュー

SEを目指そうと思ったきっかけは何ですか?
技術の最先端を学ぶことができ、今後ますます需要が増えていくと考えられるIT業界にもともと興味があり、就職活動の際に、文系出身であっても、SEになることができるということを知ったことです。
この仕事のやりがいや楽しいと感じる点は何ですか?
どのようにすれば要件どおりに動くか、どのようにすればより効率のいいプログラムが書けるか、自分で考えて、プログラムを作っていく点にやりがいがあります。自分で作ったコードが、自分の意図したとおりにうまく動いてくれたときに、非常に楽しいと感じます。
この仕事の大変なところや厳しい点はどんなところですか?
毎日学ぶ必要があるところです。

プログラムに関する知識がなければ何もできない仕事ですから、プログラミングの知識が必要です。知識があっても、コードの書き方など、分からなくなり、壁に直面することも少なくありません。

そのような場合、自分で調べたり、他の方に聞いたりするなどして、解決する必要があります。