現役SEが教える就職保証型SE育成「就職カレッジ」~受講料実質無料~

現役SEが教える就職保証型SE育成「就職カレッジ」

IT業界の魅力について

  • HOME>
  • IT業界の魅力について

IT業界で働く7つの魅力Interesting points of work in IT industry

社会を支えるものを作ることができる

IT業界で生み出されるシステムは様々な業界で利用されています。
業界によっては(特に金融、保険、証券、自治体、役務分野など)システムの規模が大きく一瞬でも止まることが許されないのが特徴です。 つまり、私たちの生活を支えるものであり、責任と信頼が求められる一方、社会貢献という面でやりがいを感じて働ける業界です。

社会に新しい価値が提供できる

IT業界で生み出されるシステムは、目に見えないものの私たちの生活を支える身近なものが多く、社会に欠かせない価値を提供していると実感することができます。 そして、自分が身に付けた技術がシステムに吹き込まれて形となり、システムを利用する人々の仕事や働き方にも変化を与えることが実感できる業界です。

異業種の考え方や仕組みがわかる

IT業界で生み出されるシステムは、各業種のビジネスルールや特性、時には慣習も考慮しながら設計し、開発していきます。 IT業界を本業としながら、異業種のビジネスに対する考え方やロジックを身につけることができ、社会人としての視野を広げながら仕事をすることができる業界です。

チームや他社の人と協力して働くことができる

IT業界の仕事は、基本的にプロジェクトで進めることが多いです。プロジェクトの規模は数名~数十名と大小様々ですが、自社のメンバーだけでなく他社の人と協力して仕事を進めることが多くなります。 つまり、気心の知れた自社の社員だけで解釈が頭打ちになることが回避でき、多くの人と接し切磋琢磨しながら働くことができます。

働く人が穏やかである

主観的かつ経験上の魅力ですが、他業界と比べてIT業界で働く人は穏やかな性格が多いと思います。なぜなら、開発プロジェクトはチーム単位となって業務にあたります。 チームのメンバーと協力しあい共通のゴールを目指すためスタンドプレーよりもチームで動くことが多く、全体的に協調性や和合性を重視する人が多いからかもしれません。

専門技術・専門知識が身につく

IT業界は他業界に比べて専門分野の方向性が多様で、技術が磨ける環境で仕事をすることが多いです。 国家資格や民間のITベンダーが監修している資格も含めると認定資格も多様な一方、GAITやITSSなどIT業界共通の技術力を測るモノサシもあるので、専門知識が目に見える形で習得することができます。

右脳と左脳がバランス良く磨ける

皆さんが描くIT業界のイメージは、パソコンにかじり付いて一日中プログラムと格闘しているイメージを持たれる方が多いのですが、実際の仕事はシステムを利用するお客様と要望や問題点を打合せをしたり、プロジェクトメンバー内でミーティングやレビューをしたりなど、人と関わる仕事も沢山あります。

つまり、専門分野に長ける技術者であると同時に、企業人として対人関係を築きながら仕事をしていく、アナログとデジタルのバランスが取れた社会人が活躍する業界です。

お問い合わせ・資料請求
生徒・保護者の声
就カレ講師のITコラム
就職カレッジ公式Facebook